奥多摩無料住宅の口コミ(評判)や移住の失敗例まとめ!条件や年齢制限を調査!

今回は、奥多摩でマイホームや住居を探している人には注目の内容になります!

 

題名だけを聞くとにわかには信じれられない内容ですが、市が行っている立派な政策です。

それでは、早速内容に入っていきますね。

 

この記事を読むことでわかること

以下のことが、この記事を読むことでわかります。

  • 奥多摩の住宅が無料で手に入る理由
  • 無料で手に入れるための条件
  • 実際の口コミや評判は?
  • 移住で失敗はしたくない、、、失敗例は?

 

実際に、奥多摩に住居を移す場合には、是非とも知っておきたい情報をまとめていきます。

少しでも、お役立ていただける情報をお伝えしていきますね。

 

それでは、詳しい内容に移っていきます。

 

奥多摩の住宅が無料なのはなぜ?

結論から言いますと、奥多摩市の人口が減少しているから、です。

ですので、市の人を集めるための政策として、

 

安く空き家を貸し出し、

かつ、

補助金も出す、

 

という制度により、無料で一軒家を手に入れることが出来るのです。

また、無料とは言っていますが、厳密には無料でプレゼントいただけるわけではなく、実質無料という状況になります。

 

どのような仕組みで実質無料になるかと言うと、住む側が払う金額としては、賃貸料のようなものを、毎月1000円から10000円払います。

これだけでもかなり安いですよね!

 

これを、15年間続けることで、市から助成金50万円ととともに、土地と建物を譲渡してもらうことが出来ます。

ですので、仮に月10000円を15年間払い続けたとすると、

 

10000 x 12 (1年間の月数)  x 15 (年)

= 180 万円

 

これだけですと、180万円の出費に対し、助成金50万円の収入ですので、土地や建物が手に入るとはいえ、少しマイナスのように感じますが、まだ市からの助成があります。

それは、家をリフォームすることで、助成金として別途最大200万円分の保証を受けることが出来ます。

 

もちろん、リフォーム代はかかりますが、単純に計算すると、

180万円の出費はかかりますが、助成金として50万円と200万円分のリフォーム代金の保証、加えて土地と建物が手に入りますので、実質無料で手に入れることが出来るのです!

 

気になるその条件は?

住居を探している人にとっては、かなり魅力的な条件に思えますが、誰でもこの制度を受けられるわけではありません。

 

どのような条件があるかと言うと、

  • 年齢が45歳以下の夫婦若しくは50歳以下の者で子ども(満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者。)がいる世帯など

面談などを受けて、審査に通った人が先ほどの恩恵を受けられます。

 

市としては、人口増加に貢献してくれる世帯に移住してきてほしいと思っているはずですので、やはり子供がいる世帯持ちの方が有利なようです。

 

失敗例などは?

 

調べた結果、一番多いのは、田舎暮らし、であること。

住む家は中古物件であり、築年数が古いモノ(30年など)が多いため、家にスキマが生まれてしまっている物件もあります。

一概には言い切れませんが、自然豊かな場所で中古の物件になりますので、虫が家に出たりする例があるようです。

 

ですので、

「虫は苦手!」

と言う方は、あまり向いていないかもしれません。

 

ただ、先ほどお伝えした通り、リフォームする際にも補助金が出ますので、しっかりとリフォームをすることで、こういった問題も解決できる可能性があります。

 

また、後ほど説明しますが、都心から2時間ほどかかる生活になりますので、都心へ通う方はそれ相応の覚悟が必要になるでしょう。

 

奥多摩への移住に関する失敗例はそれほど見つかりませんでしたが、田舎によっては近隣のトラブルもあり得るので、実際に住む予定の住居の近隣や、お隣さんになるであろう人がどういった人なのかも注意が必要です。

 

移住を決めてから、人間関係などにより住みにくい環境であることが分かっても、そこからもう一度住居を移すのは簡単ではありませんからね。

 

引っ越しはなかなかエネルギーがいる行動になりますので、

「実質無料だ!」

という理由だけで引っ越してしまうと、思わぬトラブルがあるかもしれません。

 

これは何も田舎だけではなく、どこに引っ越すにしても必要なことだとは思いますが、

「実際に生活するとしたら」

という意識を持って、細かい部分まで考え、事前にリサーチすることが必要になるでしょう。

 

移住した人の評判(口コミ)

 

奥多摩市には、大きなスーパーなどがなく、買い物をするには、車で片道30分かけて、大型スーパーに行くこともあるそうです。

また、都心などに通勤する際には、2時間ほどかかりますため、5時台での始発に乗って通勤や通学する必要も出てくる可能性があります。

 

もちろん、奥多摩のどの場所に住むかも依りますが、移動には時間がかかるかもしれません。

人によっては、早起きせざるを得ない習慣になり、健康的だ!とポジティブにとらえることも出来ると思いますが、ここは人によるでしょうね。

 

実際に住んでいる人の話では、

「都会に住んでいるときは、遅い時間に寝てギリギリまで寝ていた。ただ、ここでは早起きせざるを得ないし、ここでの生活のほうが健康的だ」

という話をしていました。

 

加えて、奥多摩の自然豊かな地域では、野生動物である猿や鹿、イノシシや、たまに熊も出る可能性があります。

これを、自然と触れ合える環境とポジティブにとらえるか、それとも一種のリスクと考えるかも、人に依る部分だと思います。

「都会では、自然と触れ合う機会が少ないため、自然と触れ合う子育ては子供にとってもいい経験になる」

というような話をしていました。

 

熊に遭遇すると危険度が高いため、奥多摩町から熊の情報なども得ることが出来るそうなので、そういった情報を活用すれば比較的安全に住むことが出来るかもしれませんね。

 

まとめ

ここまで、

  • 奥多摩市は人口が減少しているため、若い世代を市に呼びたいこと。
  • 条件を満たし、審査に通れば、実質無料で中古物件と土地を譲り受けられること。
  • 自然と触れ合える生活が苦でない人にとっては、良い条件がそろっていること。
  • 都市部への移動や、買い物など、移動時間はかかってしまうこと。

をお伝えしてきました。

 

メリットやデメリットはもちろんありますが、人によっては魅力的な条件であることは間違いないでしょう。

是非、気になる方は、奥多摩町に更なる詳細を聞いて、話を進めてみてはいかがでしょうか。

奥多摩町への連絡方法は、奥多摩町のサイト をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です