カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

「新刊ガイド」第6号

 時事通信社は、オンデマンドブックレットとして、「動き始めた地方独立行政法人」(No.19)と「戦略と危機管理の落とし穴=金融・日銀ウオッチ」(No.20)の2冊を刊行いたしました。
 
 「動き始めた地方独立行政法人」は、地方自治体の事業コスト削減と公共サービスの効率化を狙いとした地方独立行政法人の導入事例や課題などを分かりやすく解説しています。これら独立行政法人は具体的には、公立大学や地域の病院、福祉事業など民間部門では採算の取れにくい事業を対象としています。既刊の「指定管理者制度の現状と課題」(No.1)「広がるPFI=医療・福祉・環境施設整備」(No.15)ともどもご一読ください。
 
 また、「戦略と危機管理の落とし穴=金融・日銀ウオッチ」は、時事通信社・日銀金融記者クラブの現役キャップがまとめた現場リポートで、企業・組織の戦略、危機管理を考える上で、参考となる情報と視点を提供しております。日銀の金融政策が注目を集めている折でもあり、タイムリーな発刊であると自負しています。

━━ N E W !━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃       NO.19 動き始めた地方独立行政法人         ┃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 地方自治体の事業コストの削減と公共サービスの効率化を狙いとした地方独立行政法人について分かりやすく解説します。2003年制定の「地方独立行政法人法」により、04年4月から設立できるようになった。地域の病院、公立大学、福祉事業など民間では採算が取りにくい事業を対象としており、職員の身分により公務員型と非公務員型に大別される。北海道、大阪府、宮城県などの事例を紹介しているほか、会計処理や監査の方法についても表付きで取り上げている。

 時事通信社「厚生福祉」連載
 2005年9月13日〜2005年10月25日

 http://jijipress-shop.com/SHOP/019.html

 小松 正 著
 ●A5判・並製 82ページ
 ●定価:680円(税込・送料別)
 
┌【目 次】────────────────────────────┐

  ●病院、社会福祉事業にも適用
   ──地方独法のポイントを見る
  
  ●そのメリットと課題を見る
  
  ●地方自治体の動向と取り組み(上)
  
  ●地方自治体の動向と取り組み(中)
   ──大阪府が府立5病院を地方独法化
  
  ●地方自治体の動向と取り組み(下)
   ──宮城県、長崎県江迎町、国立大学法人滋賀医科大の事例
  
  ●企業会計の手法を採用
   ──会計処理と監査の特徴(上)
  
  ●固定資産の取得・行政コストなどの取り扱い
   ──会計処理と監査の特徴(下)
 
└─────────────────────────────────┘


━━ N E W !━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  NO.20 戦略と危機管理の落とし穴 ─金融・日銀ウオッチ─   ┃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 堅実の代名詞のような金融機関と、その中心にある日銀。しかし、問題発生時の意思疎通、経営判断、情報公開など危機管理能力が問われる事案が後を絶ちません。本書は時事通信経済部の現役の日銀金融記者クラブキャップが「時事トップ・コンフィデンシャル」に連載した現場リポートです。企業・組織の戦略や危機管理を考える上で参考となる情報と視点を提供します。

 時事通信社「時事トップ・コンフィデンシャル」連載
 2005年8月30日〜2007年2月6日

 http://jijipress-shop.com/SHOP/020.html

 時事通信経済部記者 中野哲也 著
 ●A5判・並製 68ページ
 ●定価:680円(税込・送料別)
 
┌【目 次】────────────────────────────┐

  銀行合併を来年1月に延期
  金融庁に完敗した三菱東京・UFJ
  
  企業不祥事の一考察
  会社と個人、どう折り合いを付けるか
  
  米国型の捜査手法が上陸
  ライブドア事件、電子メールが「動かぬ証拠」
  
  日銀、量的緩和解除
  柔軟戦略で政府を押し切る
  
  「失敗学」の権威・畑村教授インタビュー
  金融界の「付加設計」に潜む危険性
  
  ゼロ金利解除のタイミング
  日銀と市場の「蜜月」は終わったのか
  
  総裁の村上ファンド出資問題
  常識とずれる日銀の危機対応
  
  日銀のゼロ金利解除
  舞台裏で「政治力学」に変化
  
  CPIショック!
  不透明感増す金融政策の行方
  
  日銀の「再チャレンジ」戦略
  年初までに追加利上げ?
  
  「解除」と「村上ファンド」で激動の日銀
  追加利上げ時期も不透明に
  
  またも利上げ踏み切れず
  一枚岩が崩れた日銀
 
└─────────────────────────────────┘