新型肺炎(COVID-19)の名前の由来や読み方!ワクチンの情報も!

2020 年 2 月 12 日に、新型肺炎を引き起こすコロナウィルスの正式名称が、WHO (世界保健機関) によって発表されました。

 

世界的に注目されているウィルスですので、正式名称もしっかりと理解し、正しい理解を深めていきたいと思います。

名前の由来や、その名前を付けた WHOの意図についても、お伝えしていきますね。

 

COVID-19 の名前の由来

 

早速ですが、名前の由来は、

Corona
Virus
Disease

(コロナ ウィルス ディジーズ)

の頭を取り、COVID

加えて、2019 年に始まったことから、

 

COVID-19

 

なっています。

 

日本語では、コビッド19 (じゅうきゅう) と呼びます。

 

名前としては、頭文字を取った単純なものであるため、覚えやすいのではないでしょうか。

 

今までは、コロナウィルスや、新型肺炎と呼ばれていましたが、COVID-19 と正式名称が決まったことで、世間での呼ばれ方も変わってくることでしょう。

 

ちなみに、virus を日本語ではウィルスと呼びますが、英語だと ァイラス のように発音するため、コッド19 と呼ぶわけですね。

 

では、COVID-19 と呼ばれるようになった新型肺炎ですが、WHO がこの名前を付けた背景も、是非合わせた覚えておきましょう。

 

WHO がこの名前を付けた背景

WHO は、この名前を発表するにあたり、以下の発言をしています。

We had to find a name that did not refer to a geographical location, an animal, an individual or group of people, and which is also pronounceable and related to the disease.

WHO テドロス事務局長の発言より引用

 

意味としては、以下になります。

 

地理上の場所や、動物、個人や団体を言及せず、かつ発音できて病気に準ずる名前を見つける必要があった。

 

現時点 (2020年2月12日) では、感染源が明らかになっておらず、中国で流行し始めた経緯はありますが、今や世界的に広がっていることもあることも背景にあるでしょう。

 

また、以下の発言もありました。

Having a name matters to prevent the use of other names that can be inaccurate or stigmatizing. It also gives us a standard format to use for any future coronavirus outbreaks.

WHO テドロス事務局長の発言より引用

 

意味としては、

不正確や非難になり得る他の名前の使用を防ぐ上で、名前を持つことは重要である。

正式名称を持つことで、これからの(未知の)コロナウィルスの発生に使う標準形式にもなる。

と言っております。

 

正式名称があることで、他の表現が生まれるのを避けて、長い目で見た際に管理しやすくなるということでしょう。

もちろん、今後のコロナウィルスの発生は起きてほしくありませんが(^▽^;)

 

WHO は COVID-19 の今後についても、少し言及していました。

 

今後の対策は?

気になるのは、今後の対策ですが、あまり見通しは立っていない模様です(-_-;)。

 

人から人に感染することも確認されていて、風邪っぽくなっただけでも

「ひょっとして…?」

という思いが、頭をよぎってしまうのではないでしょうか。

 

しかしながら、現状では、一般的な日本人は、病気が COVID-19 かどうかを診断してもらうことが出来ません。

なぜなら、以下の基準を満たさない限り、COVID-19 の検査を受ける対象にならないからです。

 

厚生労働省の記事を引用しますと、

感染が疑われる患者は、37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状があり、
・発症前14日以内に湖北省に渡航または居住していた人、
・発症前14日以内に湖北省に渡航または居住していた人と濃厚接触歴がある人
をいいます。

厚生労働省 より引用

 

つまり、風邪の諸症状のほかに、中国の湖北省に渡航、もしくは渡航していた人と接触がない限りは、診断を受けることも難しい状況です。

 

湖北省の人とかかわりを持つ日本人は決して多くありませんので、受診したくても受診できない人がいるのも事実です。

現時点で人から人へと感染することも確認されている中では、不安が募るのが自然ですよね。

 

もちろん、新しいウィルスであることから COVID-19 の診断が簡単に行えず、時間がかかるという背景もあるため、難しいところではあります。

 

 

ちなみに、、、

以前に話題になった、コロナウィルスである SARS、MERS の名前の正式名称は以下になります。

重症急性呼吸器症候群(SARS: Severe Acute Respiratory Syndrome)
中東呼吸器症候群 (MERS: Middle East Respiratory Syndrome)

 

こちらの 2 つのワクチンは完成されていません。

 

こうなると気になるのは、予防策であるワクチンですが、いつごろワクチンが出来るのでしょうか。

 

ワクチンはいつできる?

WHO のテドロス事務局長は、

「(2020 年 2 月段階で) ワクチンの生成には 18 ヶ月かかる」

と言っています。

 

これを聞いた時は、

「そんなにかかるのか…!」

と思ってしまいましたが、新種のウィルスでわからないことも多いことから、多くの時間を必要とするのでしょう。

 

まだ収束までは時間がかかりそうではありますが、少しずつでも状況が改善することも期待しております。

 

関連して、以下の記事も紹介しています。

和歌山50代男性新型肺炎の感染経路・ルートや状況を調査!医者で患者への影響は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です