カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

LGBTと自治体行政 求められる施策とその背景

LGBT施策の方向性を展望


  2015年秋、東京都世田谷、渋谷両区で同性間のパートナーシップを公的に認める全国初の制度の運用が開始──。これに代表されるように、最近頻繁にセクシュアルマイノリティ(性的少数者)などのLGBTに関する施策が報道をにぎわせています。そもそもLGBTとは、そしてなぜ、自治体がLGBT施策に力を入れ始めたのでしょうか。気鋭のマイノリティ政策研究者が、LGBTを取り巻く内外の動きを紹介し、今後自治体が歩むべき方向性を展望します。

LGBTと自治体行政 求められる施策とその背景

価格:

702円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる



四日市大学教学部長・総合政策学部教授 小林慶太郎[著]

 ●発行:2016年6月24日
 ●A5判・58頁

【目 次】─────────────────────────────

 そもそもLGBTとは何か?
注目され始めた新しい政策課題


 LGBTをめぐる社会の変化
差別・無関心から経営戦略へ


声を上げ始めたLGBT
当事者団体や政治家も登場


LGBTをめぐる公的制度
サミット参加国の過半が法的に認める同性婚


より細やかなLGBT施策を目指して
性的マイノリティに寛容な自治体ほど地域間競争で成長


ページトップへ