カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

PISA連続トップ 教師の育つ上海の教育

15歳の生徒の学力到達度を測る「経済協力開発機構」(OECD)の「生徒の学習到達度調査」(PISA)で、2009年に続き12年調査でもトップとなったのが、中国・上海だ。「2回連続トップ」をカリキュラム改革の成果と分析する新潟総研は14年4月、現地に調査団を派遣。カリキュラム改革を具体化するための教師の指導力向上策をつぶさに調べた。「チームプレー」で授業改善に取り組む上海の現状から、日本の教育を考える一冊。


PISA連続トップ 教師の育つ上海の教育

価格:

864円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる


新潟県教育総合研究センター[編]


●B5判・64頁
●発行 2014年10月31日

[目 次]

はじめに

第1章 PISA2012で、連続トップとなった上海

第2章 教学研究室が進めるカリキュラム改革

第3章 上海市閔行区教育学院の取り組み
    ─教員研修と教員評価・管理システム─

第4章 学校内の教研チームと訪問学校の紹介

第5章 特別寄稿
    中国の小中学校における「教研組」成立過程に関する考察

第6章 上海における教師の現職教育をどう見るか

おわりに

関連商品

購入数

競争より支援 学力トップ上海の教育

864円(税込)
15歳の生徒の学力到達度を測るPISAで、トップに立つ中国・上海。その教育の本質を、正確に分析したリポートをお届けする。
●B5判・94頁
●発行:2012年7月13日