カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

市民自治の思想 地域現場からの出発

◎今なぜ市民自治なのか

 市民自治って何のこと?そんな疑問に答える最適の入門書。自治体や国の関係者はもちろん、一般市民も必読の市民自治読本。

 3月に発生した東日本大震災では、ボランティアが大活躍しており、今や、市民レベルの公共活動なくして復旧・復興は考えられない。普段の行政においても、市民活動は不可欠なものになっている。こうした近年の傾向から、市民自治の思想が脚光を浴びている。最初の提唱者ともいわれる政治学者松下圭一氏の考え方を基に、今なぜ市民自治の思想なのか、を分かりやすく解説する。

市民自治の思想 地域現場からの出発

価格:

864円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

[著者]
地方行財政調査会 神谷秀之

●発行:2011年5月12日
●A5判・176頁



 本書の表題である「市民自治の思想」とは、従来の国家を中心とした考え方に対して、地域現場の市民から出発する新しい考え方のことです。政治学者の松下圭一氏のとなえる理論が代表格であり、今日の自治体の自立や分権改革を先導したともいわれています。その思想に初めて接した人は「こんな考え方もあるのか」「政治・行政を見る目が変わった」などとしばしば驚きます。肯定的にせよ否定的にせよ、市民自治の思想を知ることは、次代の日本を探る上で非常に大きな力になると思います。本書では、その思想を私なりに解釈し考えていきます。(「はじめに」より)


【目次】──────────────────

【序 章】市民自治の思想・松下理論
     日本回天の思想
      オカミ崇拝から市民自治へ─今日の分権改革を切り開く

【第1章】都市型社会
     1.都市型社会とは
      現代人は政策・制度で生活している─農村も都市化する新しい社会
     2.農村型社会とは
      日々同じ「悠久」の伝統社会─閉鎖的なムラでの地域自給生活
     3.近代化とは
      人類の運命「工業化・民主化」─農村型社会を解体する
     4.国家とは
      国力を集中投下して近代化を強行─絶対・無謬の人工政治装置
     5.近代化の諸段階
      絶対国家から福祉国家へ─近代化で政治は肥大する
     6.一変した人々の暮らし
      豊かで便利になった市民生活─昔は大富豪でも享受できなかった
     7.危険性と可能性
      脆い社会構造、大衆操作─市民活動が活性化する
     8.都市型社会と大衆社会
      言葉の互換が可能な都市型社会─大衆社会という表現の問題性

【第2章】市民自治
     1.市民とは
      民主政治の前提となる人間型─私たちのあるべき規範
     2.なぜ規範人間型か
      人間の型が政治の姿を決める─自律した個人が民主政治を生む
     3.市民の成熟条件
      財産、余暇・教養、政治参加─人類史上の奇跡、市民の誕生
     4.現代の市民とは
      都市型社会が生む現代市民─普通人が余暇・教養を獲得する
     5.市民自治とは
      普通人の英知を信頼した政治─市民活動なければ行政は肥大する
     6.自治・分権へ
      市民の安全・安心を確保するために─破綻する国家の近代化システム
     7.市民文化とは
      水戸黄門と西部劇─「みんな同じ」か「個性」か
     8.文化は見える
      公共文化の欠如と醜い街並み─国民の資質を示すインフラ整備

【第3章】市民自治の政治学
     1.国家観念の崩壊
      絶対・無謬・包括の破綻─国民の運命共同体から政府へ
     2.政府3分化
      上下に分解する国家─自治体も国際機構も政府になる
     3.政府信託
      民主政治のキーワード「信託」─市民が政府をつくる
     4.市民補完
      現場から公共課題を解決する─自治体も国も市民がつくる政府
     5.官僚内閣制
      国会は立法機関か最高機関か─議会政治ゆがめる三権分立論
     6.シビル・ミニマム
      都市型社会に不可欠な「生活権」─自治・分権促す市民の思想
     7.自治体再構築
      自治体は変わらないといけない─日本の大損失「考えない職員」
     8.分節政治
      新たな権力分散システムの必要性─始皇帝を上回る現代の権力者

【終 章】理解を深めるために
     1.松下理論の特徴
      現場重視の「実学」─政策型思考と幅広い具体提案
     2.新しい政治学
      次代への羅針盤─今必要な日本人の思考転換

関連商品

購入数

ニッポン沈没を防ぐために 地方分権が必要な23の理由

864円(税込)
日本で今なぜ分権が必要なのか、にテーマを絞って、分権の必要性を体系的・網羅的に解説した初めての本。
●A5判・138頁
購入数

分権を言葉から探る 自治キーワード考

702円(税込)
なにげなく使っている自治用語。こんな意味もあったのか。こんなにも意味が変遷したのか。あっと驚く解説書。
●A5判・96頁