カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

検証 東国原英夫県政─タレント知事の挑戦と限界

◎タレント知事の手腕を検証する


2007年の就任から、任期の折り返し地点の2年が経過した東国原英夫宮崎県知事。

マンゴーなどのトップセールスで宮崎の認知度を飛躍的に高め、観光客の増加につなげた。現在も高い支持率を維持するが、県財政の収支は悪化し、財政政策見直しが迫られている。また、国政転身をにおわす発言は周囲の不信を招いた。財政、福祉、観光、入札制度改革、マニフェスト、議会対応、職員との関係など多角的な観点からタレント知事の手腕を検証する。

検証 東国原英夫県政─タレント知事の挑戦と限界

価格:

702円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

時事通信 前宮崎支局  大熊雄一郎[著]
 「地方行政」編集部[編]

 ●発行:2009年5月15日 
●A5判・114頁

目 次

1. 知事カラー出せず、収支は悪化

 迫られる財政改革計画見直し

 七対三へのいら立ち/ 「現実的」なマニフェスト/

 マニフェストを具体化/ 初の本格的な予算編成/

 改善を上回る悪化/ 350億円、特効薬ならず/

 ジレンマ

2. 一般競争入札全面導入で落札率急落

 「性急過ぎる」と業界抵抗

 談合防止マニフェスト/ 指名競争入札を廃止/

 落札率80%台前半に/ 建設業者の倒産相次ぐ/

 福島県と酷似

3. 抜群の発信力で県産品をPR

 人気の定着化が課題

 マンゴーブームへの道/ 三流役者から一流役者に/

 ブームから定着化へ/ 農林水産業は長期スパン/

 農家がもうかる仕組み

4. 「無から有へ」観光資源生み出す

 知事依存の誘客には限界も

 知事室前で「出待ち」/ 県外客、11年ぶりの増/

 みやざきアピール課/ 金融危機で知事効果薄れる/

 新たな観光商品の開発/

5. 世界不況、マニフェスト直撃

 企業誘致もペースダウン

 新規雇用1万人/ 企業立地に暗雲/

 原油高騰対応に追われる/ 財政出動へのこだわり/

 大なた振るえず

6. 乳幼児医療費助成を拡大

 裁量狭い福祉分野にいら立ち

 英断/ ニュートラルな目/

 こども政策局を新設/ 分権待てば任期終わる/

 福祉予算、さらに厳しく

7. マニフェストが法律   71

 経済不況で現実味薄れる項目も

 教育改革/ 移住促進/

 社会基盤整備/ 防犯対策/

 情報通信改革/ 知事マニフェスト「84点」/

 マニフェストの寿命

8. なれ合い嫌い、職員と距離保つ

 関係希薄さ指摘する声も

 間接話法/ 一問一答方式を導入/

 淡々と進む/ 「東国原劇場」の中と外

9. 国政転身におわす言動

 発言の軽さ浮き彫りに

 国をひっくり返したい/ 中山前大臣から「後継指名」/

 発言迷走/ ブログでメディア批判/

 個人のサクセスストーリー

10. 一心不乱の2年間

 東国原知事に聞く

 ◎共同インタビュー

 県全体のイメージは好転/ 国のシステムを変えよ/

 メディアは友であり敵

 ◎個別インタビュー

 綸言汗のごとし/ 平身低頭でいんぎん無礼