カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

市民が便利を実感できるWebサイトとは?─「ユニバーサルメニュー」による自治体Webサイトの再構築

◎ポストWeb2.0時代の自治体サイト担当者必読の書


自治体広報チャネルとして、今後、より戦略的な役割が期待される自治体Webサイト。従来のアクセシビリティの視点に加えて、自治体担当者にとって「より伝わる」、利用者にとって「より使える」サイト作りの新たな指針、

“ユニバーサルメニュー”について、豊富なサイト事例を交えながら説明した入門書。

「使いやすいサイト」作りに関するヒントも詳しく紹介。

市民が便利を実感できるWebサイトとは?─「ユニバーサルメニュー」による自治体Webサイトの再構築

価格:

864円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

 NPO団体 アスコエ 代表 安井 秀行[著]
 「地方行政」編集部[編]

 ●発行:2008年7月25日 
●B5判・88頁

目 次


1 自治体Webサイトを「顧客視点」で評価する

(1) なぜ住民・顧客が「使えない」のか

 ─今企業サイトで起きている大きな流れとは─

(2) 企業のサイトとはどこが違うのか

 ─マーケティング的な観点から整理する─

(3) 日米中の中央政府サイトを比較する

 ─浮かび上がる「意図の明確さ」の差─

(4) かゆいところに“手が届かない”と…

 ─自治体サイト評価・子育て主婦編─

(5) 元気なシニアはHPを使いこなしたい!

 ─自治体サイト評価・シニア編─

(6) 回答日数・内容などで評価に大差

 ─自治体サイト評価・メール対応編─

(7) ユニバーサルメニューの導入を!

 ─今すぐできる、自治体サイト改善の視点とステップ─

2 自治体Webサイトに共通標準メニュー体系を

(1) 市民発、自治体サイト構築の新たな視点

 ─「ユニバーサルメニュー」とは何か─

(2) 時系列、手続きの流れ、一覧性などがカギ

 ─妊娠・出産関連のUMを設計する─

(3) 現状は改善の余地大、改良のチャンスも大

 ─高齢者・介護関連のUMを設計する─

(4) 想定外のメリット、想定外の展開

 ─UMのメリットと今後の取り組み─



ページトップへ