カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

原油で読む世界─姿なき覇者の時代・価格高騰はなぜ起きたのか

「現代」をビジュアルに解きあかすグラフ・データ付


10年で10倍以上、原油高騰?原油価格は誰が決めるのか? 「姿なき覇者の時代」の第三次石油危機について詳細なデータと豊富なグラフを用いてビジュアルに解説した入門書。第一次・第二次の石油危機との違いは何か。世界の原油価格に大きな影響を与えるニューヨーク市場にも焦点をあて、原油相場を動かすのは何かを分析する。関心が高いバイオ燃料やインデックスファンドも詳しく紹介。

原油で読む世界─姿なき覇者の時代・価格高騰はなぜ起きたのか

価格:

864円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

 Janet編集部[編]
 メディア編集部次長 藤本悟司[著]
 ●発行:2008年6月17日
 ●B5判・142頁

プロローグ 石油需給の逼迫懸念
新興国の需要増で原油相場は200ドル水準を視野に?

第1章 原油相場に映る国際経済
石油危機後の長期的な価格低迷から100ドル時代へ

第2章 イスラエル寄りの米国
「石油」と「自由」を求める世界最大の消費国

第3章 “米中同舟”時代の到来?
経済成長を受けて輸入急増が確実視される中国

〔コラム・ Tea Break〕From the Editor 外交の精神分析
特別収録
〔中国エネルギー戦略〕
日本に学んだ中国の石油獲得手法─エバンス博士に聞く
〔ミャンマー・フラッシュ〕
米国経済制裁と天然ガス開発

第4章 資源政策がブレた日本
石油公団の解散で海外での権益獲得に空白期間

第5章 中東の地政学的リスク
根源にあるパレスチナ問題の抜本的解決は困難?

第6章 原油高で復活したロシア
資源ナショナリズムはなお高揚の可能性

第7章 需要急増のバイオ燃料
オルタナティブ投資の拡大で金融市場から資金が流入

第8章 急拡大したWTIの取組高
価格急騰の背景は堅調な需要と供給懸念

エピローグ 市場からのシグナル
原油相場が催促する省エネ推進と中東和平

ページトップへ