カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

大震災神戸発! 元広報課長の体験的危機管理

自治体の当事者がこれだけ本音で語った本があったでしょうか。筆者は、神戸市の広報課長や生活再建本部次長として、時に真正面から、時に計算高く、阪神大震災に立ち向かった過程を具体的に紹介しています。直後だけでなく、この間のさまざまな取り組みを、情報と危機管理という視点で見据え、個人としての思いもしっかりと主張しています。類書はないと、連載中から東大のゼミ教科書としても使われました。行政の災害対策用としてだけでなく、どんな組織の危機管理にも通じる一冊です。

大震災神戸発! 元広報課長の体験的危機管理

価格:

702円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

2006年1月17日付〜2007年5月15日付
時事通信「防災リスクマネジメントWeb」 編
●発行:2007年7月6日
●A5判・85頁

目 次


  災害対策本部は、公開か非公開か……8
  テレビカメラは怖い……12
  広報紙の立ち上げは24時間以内に……16
  復興都市計画(上)……20
  復興都市計画(下)……24
  神戸空港(上)……28
  神戸空港(下)……32
  災害時の公務員幹部は私生活も気をつけろ……36
  住環境問題……40
  気づかれていない火災の危険……44
  孤独死……48
  仮設住宅の解消……52
  東京ドーム11個分、約8年分の廃棄物量に立ち向かう……56
  最初は深刻さに気付かなかったトイレ問題……60
  家屋の解体処理と公費負担……64
  神戸市の財政破綻はあるのか(上)……68
  神戸市の財政破綻はあるのか(下)……72
  地域力(上)……76
  地域力(下)……80