カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

『内外教育』データで読む教育 2006〜2007 調査・統計解説集

◎今こそ実証的な教育論議を


教育基本法の改正、全国学力調査の実施など、我が国の教育は大きな変化の時代を迎えており、教育をめぐる議論がさまざまな場で行われています。しかし、こうした議論は、かならずしも具体的なデータや事実を踏まえたものではありません。本書は、教育問題を考えるための土台となる実証的なデータを提供しようという狙いで、官民の主要な調査・統計についての77本の解説記事を収録したものです。新聞やテレビが取り上げないデータも詳細に分析したばかりでなく、特定の立場に偏らず、可能な限り客観的な視点に立って解説しています。

『内外教育』データで読む教育 2006〜2007 調査・統計解説集

価格:

1,026円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

時事通信社「内外教育」連載
2006年4月11日付〜2007年3月27日付
●B5判・206頁

発行:2007年5月23日

【解説の内容】


○勉強意欲の低さ際立つ日本の子供
○学校のIT化、目標達成できず
○不登校、中学生は8年ぶりに10万人割る
○小学校児童数25年連続で減少
○高校から大学まで1人868万円
○特別支援教育の研修受講済み教員は4割弱
○中3の19%が英検3級以上を取得
○ネットの利用状況を親は知らず
○警備員配置する学校は全体の1割
○虐待問題、校内の取り組み体制が不十分
○小学校の校内暴力が2000件に
○テレビ視聴時間で運動能力に差
○人口妊娠中絶は4年連続の減少
○25%がスクールバスでの送迎実施
○地歴、公民などで免許外担任
○指導力不足教員は506人
○中学校教師は週9・6時間の超過勤務
○教員試験受験者は7年ぶりに減少
○東大生、進路や行き方で悩み深く
○私立大学の財務状況が悪化
○定員割れ大学が急増、全体の4割に
○AO入試実施は53大学に増加
○2007年度センター試験実施結果
○学校図書館の現状に関する調査
○市町村の教育委員は1万人割る
○公立学校の耐震改修状況調査
○25県市が教員の「公募制」実施
○栄養教諭は3県に16人配置
○日本語指導の必要な子供が2万人超
○事前の育児経験少ない日本の親 など77本