カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

防災でも元気印「恐るべし名古屋!」─その仕掛け人たち

 防災の基本は、地域防災力の向上である。自主防災が重要と言われ、バケツリレーや避難訓練が役に立つのか疑問だが、ほかに何をしていいか分からない。危機管理を担う組織のはずが、いざというときに現場もトップも想定通り動けるとはとても思えないが、どう一歩を踏み出したらいいか分からない。地域にはたくさんの担い手がいる。県域や市区町村単位、学区・町内会など、さまざまな役者がいるが、その思いもある人たちを、どうつないだらいいか分からない。10年前の名古屋は、このような状況とそう変わらなかったはずだ。
 名古屋大でのホームドクター宣言から5年で、一気に浮上した。昨年4月、首相官邸にいつもの実験セットを持ち込み、中央防災会議の場で小泉純一郎首相に「紙ぶるる」の実験で耐震化の重要性を納得させた福和伸夫教授ら大学が裏から支え、メディアやNPOが引っ張り、企業が動き、行政ががんばり、市民が飛び跳ねて、名古屋の防災の元気を作っている。昨年8月に中心街で開かれた防災フェアも、何だか妙なエネルギーに満ちていた。71人の筆者が、それぞれに、ここまでに至ったプロセスを書きつづったのが本書だ。元気が湧いてくる連携の地域防災力向上、減災の国民運動の教科書が一冊できあがった。 

防災でも元気印「恐るべし名古屋!」─その仕掛け人たち

価格:

864円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

 時事通信防災リスクマネジメントWeb連載
 2006年2月1日〜2007年3月2日
 ●A5判・240頁

■「恐るべし名古屋!」の仕掛け人たち
 安藤雅孝 名古屋大学地震火山・防災研究センター教授
 伊藤英司 本田消防少年団指導者(防災ユースフォーラム)
 伊藤雄章 豊橋市消防本部防災対策課
 磯村美智子 東浦防災ボランティアの会代表(あいち防災リーダー会)
 浦野 愛 特定非営利活動法人レスキューストックヤード(RSY)事務局長
 横幕早季 静岡大学学生防災ネットワーク(静岡大学理学部)
 岡嶋 守 東海旅客鉄道(株)総務部(元名古屋市危機管理監)
 加藤 肇 名古屋大学消費生活協同組合理事会室長
 近藤ひろ子 常滑市立鬼崎北小学校教頭(前愛知県美浜町立布土小学校教諭)
 金原建和 西尾幡豆広域連合事務局(元西尾市企画課市民活動推進室)
 沓名良夫 愛知県西尾市立花ノ木小学校
 隈本邦彦 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任教授(当時:NHK名古屋放送局報道部)
 栗田暢之 特定非営利活動法人レスキューストックヤード代表理事
 護 雅史 名古屋大学環境学研究科助教授
 高橋和治 名古屋市住宅都市局建築指導課耐震対策係長
 高桑俊康 豊田災害ボランティア会議代表(西尾災害ボランティア会議副代表)
 佐治 勝 中京葬儀代表取締役(名古屋商工会議所若鯱会 H17代表幹事)
 山岡耕春 東京大学地震研究所地震予知研究推進センター教授
 山口 勝 NHKアナウンス室
 山崎文雄 千葉大学工学部教授
 山川博幹 愛知県建設部建築担当局建築指導課建政・指導グループ
 山田厚志 株式会社山田組代表取締役(名建協)
 山本康史 三重県防災ボランティアコーディネーター養成協議会
 寺沢正嗣 安城市防災室
 室崎益輝 総務省消防庁消防大学校消防研究センター所長(神戸大名誉教授)
 小山真人 静岡大学教育学部教授
 小村隆史 富士常葉大助教授
 松田 敦 愛知県立芸術大学事務局総務課庶務グループ
 新美博己 愛知県教育委員会高等学校教育課課長補佐(当時:総務部消防防災対策室主査)
 森野捷輔 三重大学理事 研究担当副学長
 水上知之 三重県ボランティアコーディネーター養成協議会(三重県職員)
 西川 智 内閣府参事官(災害予防・広報・国際防災推進担当)
 西村 健 震災ガーディアンズ元代表(名古屋大学工学部4年)
 石川 清 名古屋第二赤十字病院救命救急センター
 石川正夫 (社)全国公民館連合会事務局長(元中央防災会議国民運動専門調査会専門委員)
 川口 淳 三重大学災害対策プロジェクト室・同大大学院工学研究科助教授
 川村昌宏 愛知県教育委員会高等学校教育課(元愛知県防災局防災課・啓発・育成グループ)
 川端寛文 愛知県建設部西三河建設事務所建築住宅課
 前田 豊 文部科学省(内閣官房出向中)
 前田智史 シーズ(株)代表取締役(名古屋商工会議所若鯱会 H17事業委員会委員長)
 倉田和己 防災ユースフォーラム幹事(株式会社ファルコン)
 村井雅清 被災地NGO恊働センター代表
 村上眞喜子 NPO法人「りんりん」理事長
 村野淳子 大分県社会福祉協議会専門員(震災がつなぐ全国ネットワーク事務局長)
 太田貴代子 あいち防災リーダー会会長
 大須賀恵子 デンソーボランティア支援センター
 大島弘義 東京新聞(中日新聞東京本社)科学部
 大嶋 浩 大嶋建設社長
 大牟田智佐子 毎日放送ラジオ局報道部(「ネットワーク1・17」プロデューサー)
 谷原和憲 日本テレビ報道局 社会担当副部長
 中川和之 防災リスクマネジメントWeb編集長(元中央防災会議国民運動専門調査会専門委員)
 中村直秀 東邦ガス導管部防災プロジェクト
 鳥居智文 中日新聞販売店青年部新市内志青会会長(味鋺専売店)
 鶴田庸介 名古屋大学大学院環境学研究科
 天野竹行 NPO愛知ネット代表
 添田孝史 朝日新聞大阪本社科学医療部
 田尻佳史 日本NPOセンター事務局長
 島崎邦彦 東大地震研究所教授
 藤井直之 静岡大学理学部客員教授(名古屋大学名誉教授)
 南 将美 (社)日本PTA全国協議会相談役(元中央防災会議国民運動専門調査会専門委員)
 南部美智代 特定非営利活動法人災害ボランティアネットワーク鈴鹿代表
 入江さやか NHK報道局科学文化部専任記者
 飛田 潤 名古屋大学環境学研究科/災害対策室助教授
 樋口公啓 東京海上日動火災保険(株)相談役(元中央防災会議国民運動専門調査会座長)
 武居信介 中京テレビ報道部デスク
 福和伸夫 名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻教授
 牧野明広 西尾災害ボランティア会議代表
 目黒公郎 東京大学生産研究所教授(元中央防災会議国民運動専門調査会専門委員)
 林 良嗣 名古屋大学大学院環境学研究科長 
 鈴木盈宏 トヨタ自動車社会貢献推進部トヨタボランティアセンター
 鈴木康弘 名古屋大学災害対策室長、名古屋大学環境学研究科教授

目 次

●防災でも元気印・その秘訣を紐解く
 ─恐るべし名古屋の仕掛け人たち…8
 「あれよ、あれよ」の福和マジック………10
 NSL編
●すべては思いつきから始まった………12
 手分けして知り合いの記者に声かけ………15
 地域防災は、まず顔の見える関係が大切………16
 誰も「先生」ではないNSL勉強会………17
●自由に発言、すべてオフレコ ─NSLのお約束………18
 ベテランだけの場にしないために若手の参画を………21
 防災取材のセンスが蓄積される仕組みを大阪にも………22
 新たな名古屋名物?防災の「て・ば・さき」………23
 破りたい、関西人気質の壁………24
 行政編
●役所の建築屋の私的勉強会「ATAC」………26
 防災部局に先駆けて地震動予測まで ─地域を考える同志たち………29
 建築専門家と介護職の出会いで幅広い視点………30
 前向きな取り組み、有機的に組み合わせ………31
●「黒船来航」、東海地震震源域の見直し………32
 自主防の家具転倒防止もスタート………35
●警戒宣言と名古屋市の強化計画づくり ─その水面下で…………36
 熱い思いを持つ自治体の担当者と本音で熱い議論………41
●結局は「人」なのかも………42
 恐るべし三重?………44
 教育編
●教育から防災に橋渡し………48
 PTCAが取り組む「フェスタin花ノ木」で地域の連帯感………51
●「いのちの学習」を地域とともに………52
 地域で共に生きるお手伝い………55
 防災「共育」で世界の被災地に支え合いの輪………56
 企業編
●社員宅の耐震診断も「現場密着」から ─東邦ガス………58
 鍛えたあげたTQCを防災でも生かす………60
●防災は眠れる建設業をたたき起こす ─名建協の地域貢献………62
 3バカトリオの見事な出会い………66
●「何を伝えるべきか?」から始めた「構造セミナー」………68
 まちの建築屋から突然のメールでチャット状態………71
●何も備えてない中小企業に「防災」を植え付ける………72
 社を上げて防災に取り組み………76
 食料や水の備えだけでは生き残れない………77
●老舗日赤も、もっと頑張らなければ………78
 建物は新築だったが家具は…………81
●阪神大震災で見出した企業VとNPOのコラボ………82
 ボラセンの役割を気付かせてくれた企業人………89
 もっともっと社内外へ活動のアピールを………90
●耐震促し「お客さまの未来を創造できる特ダネ」を冊子化し配達………92
 耐震診断促進の啓発に 絶好の機会と掲載を依頼………95
 学生編
●大学生協のネットワーク力をいかして………96
 学生を巻き込み、矢継ぎ早に活動を展開………99
●名古屋で始まった学生たちのネットワーク「防災ユースフォーラム」………100
 静岡から愛のメッセージ………103
 元指導教官からも一言………105
●大学生発信で「気軽に、楽しく」で防災を ─震災ガーディアンズ………106
 うらやましいぞ、恵まれた人や環境………109
 地域・ボランティア編
●すべては現場からNPO発の挑戦 ─原点は学生から学んだ………110
 仏門の先達からつながった「ボランティア文化」を受け継ぐ………117
 大学の会議室の取材で出会い、NSLで再会………118
 ふつうの大学人に市民防災の現場を教えてくれた………119
●どこまで一人ひとりにこだわれるか………120
 手前みそですが…………125
 “ひとり”を受けとめる心………126
●DIGと「土手の花見」で息の長い防災ボランティア活動が可能に………128
 「町の宝物」とともに………132
 「やーさん」との出会い………133
 「見える化」の道具DIGでつなぐ………134
●有珠山噴火で人生を転換、地域のために「できる限り」に………136
 初対面で感じた男の存在感、地域防災の「軍師」………139
●防災カレッジの卒業生をつなぐリーダー会………140
 祭りのように楽しく盛り上げ………145
 少し怖くてすてきな 防災大好きオバサン………146
●転居で抱いた危機感、人の輪で広がった活動の場………148
 手探りの中での市民との協働の原点………151
 ボランティアも「改善と標準化」のトヨタ式!?………152
 大学編
●恐るべし名古屋の舞台裏 ─大学が何をできたか………154
  大学夜明け前、胎内で点が育まれる 兵庫県南部地震前の準備段階…………156
  阪神淡路大震災で産声を上げた 兵庫県南部地震後………158
  社会が動いた 地域防災活動の成長期─東海地震の震源域見直し後………163
 やっぱり恐るべし名古屋!………168
 「おそるべし名古屋」との出会い………169
 無数の災害体験に加わった人の輪で完成した名古屋モデル………170
 KOBEnet活動と名古屋………171
 住民との接着剤として………173
 名古屋大学災害対策室は初夢から………174
 NSLってスゴイ!………175
 地域と大学の連携による「ローカル」な取組………176
●地域を守る防災情報システムと基礎データ………178
 危機をあおるより、「納得」を得ることが大切………183
 進化する地域防災交流ホール………184
●こだわりの大学防災論 「何が本当に必要か?」から考える………186
 「恐るべし名古屋」は「学」である………191
 まず、各自ができるところから 自治体も研究者に働きかけを………192
●極めて個人的な熱き思いの芽生え………194
 人知を越えた自然との闘いで共闘を………203
 研究対象となり始めた防災活動………204
 敬愛する兄へ………205
 点をつなぎ、地域に輪を広げる………206
 
●地域防災ツール
  1 揺れの実験装置「ぶるる」………208
  2 地震体験すごろく「震災シミュレーションゲーム」………218
  3 実感できる防災行動支援ツール「地域防災力向上シミュレータ」………222
●【ボランティアと協働】青かったころの行政との連携………226
●名古屋から全国各地へ ─国民運動への展開を………228
●資料編 【資料これ一枚】………232

▼防災でも元気印・その秘訣を紐解く

防災でも元気印・その秘訣を紐解く

▼NSL編 自由に発言、すべてオフレコ ─NSLのお約束

NSL編 自由に発言、すべてオフレコ ─NSLのお約束

▼コラム 「ひとこと言わせて!」

コラム 「ひとこと言わせて!」

▼地域防災ツール 揺れの実験装置「ぶるる」

地域防災ツール 揺れの実験装置「ぶるる」