カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

戦略と危機管理の落とし穴 ─金融・日銀ウオッチ─

 堅実の代名詞のような金融機関と、その中心にある日銀。しかし、問題発生 時の意思疎通、経営判断、情報公開など危機管理能力が問われる事案が後を絶 ちません。本書は時事通信経済部の現役の日銀金融記者クラブキャップが「時 事トップ・コンフィデンシャル」に連載した現場リポートです。企業・組織の 戦略や危機管理を考える上で参考となる情報と視点を提供します。
 時事通信社「時事トップ・コンフィデンシャル」連載
 時事通信経済部記者 中野哲也 著
 2005年8月30日〜2007年2月6日

戦略と危機管理の落とし穴 ─金融・日銀ウオッチ─

価格:

702円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

 ●A5判・並製 68ページ

目 次

 銀行合併を来年1月に延期
  金融庁に完敗した三菱東京・UFJ
  
  企業不祥事の一考察
  会社と個人、どう折り合いを付けるか
  
  米国型の捜査手法が上陸
  ライブドア事件、電子メールが「動かぬ証拠」
  
  日銀、量的緩和解除
  柔軟戦略で政府を押し切る
  
  「失敗学」の権威・畑村教授インタビュー
  金融界の「付加設計」に潜む危険性
  
  ゼロ金利解除のタイミング
  日銀と市場の「蜜月」は終わったのか
  
  総裁の村上ファンド出資問題
  常識とずれる日銀の危機対応
  
  日銀のゼロ金利解除
  舞台裏で「政治力学」に変化
  
  CPIショック!
  不透明感増す金融政策の行方
  
  日銀の「再チャレンジ」戦略
  年初までに追加利上げ?
  
  「解除」と「村上ファンド」で激動の日銀
  追加利上げ時期も不透明に
  
  またも利上げ踏み切れず
  一枚岩が崩れた日銀

▼会社と個人、どう折り合いを付けるか

政権交代II 第1回

▼年初までに追加利上げ?

政権交代II プロフィール

▼一枚岩が崩れた日銀

政権交代II 図表