カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

首相動静 「小泉劇場」最後の一年─衆院解散から政権交代まで

見た、聞いた──番記者がつづる生の歴史「首相動静」

 2005年8月8日午後1時58分、小泉純一郎首相(当時)が官邸玄関を出る。番記者が「衆院解散ですか」と質問を飛ばしたのに対し、首相が大きくうなずく。郵政解散─自民圧勝へと歴史が大きく動いた瞬間だ。時事通信の首相番記者は早朝から深夜まで、首相の行動を追いかける。日本の最高権力者である首相が会った相手や発言の内容を記録し、「首相動静」として刻々配信する。首相動静は生の歴史をつづった一級の「史料」でもある。  このブックレットは郵政解散の8月8日から小泉氏が安倍晋三首相にバトンを渡した06年9月26日まで、小泉政権最後の1年余にわたる首相の一挙手一投足を伝える。

首相動静 「小泉劇場」最後の一年─衆院解散から政権交代まで

価格:

864円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

時事通信社「特別情報」連載・2005年8月15日付〜2006年10月2日付 ●A5・並製 ●218ページ

ページトップへ