カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

東アジアの対日論調 2005

反日感情が根強い中国と韓国のメディアの日本に関する記事には、公正な記事だけでなく、大きな誤解や感情論に基づいた見方が少なくありません。「時事トップ・コンフィデンシャル」に毎月掲載する「東アジアの対日論調」は、北京とソウルで特派員を務めた筆者が、そうした記事の背景を丁寧に解説しています。同連載を1年分まとめた本書は資料的価値も高く、研究や実務をはじめ幅広い関心に応えることができるでしょう。
時事トップ・コンフィデンシャル  連載 2004年2月4日付〜2004年12月13日付

東アジアの対日論調 2005

価格:

702円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご購入商品の返品について
この商品について問い合わせる

●A5判・並製 ●114ページ

目 次
2005.2.4
影響し合う中韓のメディア………5
2005.2.22
李氏訪日、文書公開で厳しい視線………14
2005.3.25
竹島、台湾問題で激しい日本批判………24
2005.5.17
「悪」のイメージ拡大する日本………34
2005.6.7
デモ抑止へ方針転換した対日報道─中国………44
2005.7.5
中国メディア、再び対日攻勢に………54
2005.7.26
天皇慰霊の旅に冷たい視線………64
2005.8.30
ヒートアップする中国の対日批判………74
2005.10.7
終戦記念の8月迎え、対日報道津波………84
2005.11.15
小泉圧勝で「日本に向き合え」という声も………93
2005.12.13
靖国参拝で、中韓に温度差………104

ページトップへ